夜祭りの浴衣に合ったキラキラ光メイク

ほの暗い夜祭に浴衣を着て出かけるときには、目元にもベースメイクにも、キラキラと輝く光メイクがお似合いです。
遠くから見ても輝く美しさがあり、近くで見られても違和感がない、光メイクでモテ度抜群のメイクをします。
ベースメイクはスプレー化粧水をまんべんなくかけて、多い分はティッシュでオフです。
化粧下地に使うカラーはピンクベージュを選び、スポンジを使用してムラのないように伸ばします。
クッションタイプのファンデーションをのせると、肌にフィットしやすいです。
ニキビやクマには、リキッドタイプのコンシーラーをのせて、ポンポンと指で馴染ませます。
筆ブラシにルースパウダーをとり、顔全体へと軽くのせていき、目の下の三角ゾーンには、ハイライトを入れて完成です。
アイメイクでは眉毛にはペンシルではなく、リキッドタイプのアイブロウを使います。
リキッドは比較的もちが良く、ルースパウダーをのせると、カバー力がアップして崩れにくいです。

Copyright© 美容 All Rights Reserved.